間取りを変更できる浴室のリフォームについて

subpage1

古い時代に作られた一戸建て住宅の場合では、浴室がコンクリートを使って作られている場所も多い傾向にあります。

コンクリートの壁のままで利用している場合や、タイルを張っている場所も見ることができ、いわゆる在来工法として使われているものです。

iemoについての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。

在来工法の浴室の場合では、自由度の高い設計を行えるメリットがあり、浴槽に関しても非常に大きなサイズに自由に設定できる点を挙げることができます。
しかし、新しい住宅の多くにユニットバスが使われているように、現在では保温性が高く、綺麗な状態で使えるユニットバスが人気を得ていることも事実です。

古くなってしまった在来工法の浴室でもリフォームを行うことは十分に可能になり、例えば広い空間で作られている風呂の場合では、上手くリフォームすることで室内空間を良好にすることも可能です。



ニットバスの場合では、サイズなどがある程度限定されているので、広い風呂の場合では、余計なスペースが出来てしまうこともあります。リフォームを行う際には、このスペースを有効活用する方法もあり、例えば脱衣所を広くすることもでき、隣接している洗面所などの空間を広げることにも向いている方法です。



余ってしまった空間に関しては、利用方法がいくつか用意されているので、浴室のリフォームを行っている専門業者と相談することで、住宅の機能性を高めることができます。


施工に関しては一定の資金がかかりますが、ユニットバスへのリフォームであれば長持ちさせることができる方法です。